ギャン/ブログ

デジタルマーケティングの未来は何ですか?

デジタルマーケティングの未来

ビッグデータからバナーまで、時間の経過とともに、 デジタルマーケティング ブランドとその顧客の両方のニーズとウォンツを満たすために、継続的に適応してきました。 ここで、今日、全体的な接続性とデジタルインフラストラクチャにより、これらの変更がより迅速に行われることが保証されています。 かつて、データベースのマーケティング、人工知能、音声検索に基づく最適化はばかげていると考えられていました。 しかし、時が経つにつれて、デジタルマーケティングの未来はそれらなしでは成し遂げられません。


ここにいくつかの未来があります デジタルマーケティングの傾向;

  • 人工知能: AIは、顧客の行動の分析や検索パターンの処理に役立ちます。 また、ソーシャルメディアのさまざまなプラットフォームからのデータをブログ投稿分析とともに使用できるため、企業はさまざまな人口統計の顧客がビジネスを探す方法を理解できます。 すでに大小さまざまな企業のサイトに存在しているチャットボットは、将来的にますます多くの支持を得るでしょう。
  • プログラマティック広告: プログラマティック広告では、基本的にAIを使用して広告購入のプロセスを自動化し、特定のオーディエンスをターゲットにできるようにします。 将来的には、この効率的で高速な自動化プロセスを使用して、コンバージョン率を高め、顧客獲得のコストを削減することがますます増えています。 将来的には、デジタル広告の85%以上がプログラマティックであると推定されています。
  • チャットボット: 今日のチャットボットは、事実上ほとんどの企業のサイトで見つけることができ、その役割は今後数年で大きくなるように設定されています。 チャットボットはAIベースのテクノロジーを採用しており、インスタントメッセージングを使用して24時間年中無休で顧客と通信します。 彼らの最大の利点は、クエリへの即時応答と質問への回答の提供です。
  • 会話型マーケティング: デジタルマーケティングの未来は会話型マーケティングです。 潜在的な顧客は、クライアントに変換する前に、チャットボットまたは会社の代表者とチャットして、会社とそのサービスについて知ることを好みます。
  • カスタマイズ: 一般的な広告は、XNUMX対XNUMXのパーソナライズされたマーケティングに取って代わられます。 顧客の要望や要望は本質的に個人主義的であり、これにはパーソナライズされたコンテンツ、電子メール、製品などが表示されます。
  • ビデオマーケティング: 将来のデジタルマーケティングにおける最も重要なトレンドのXNUMXつはビデオマーケティングであり、今後XNUMX年からXNUMX年にわたってこの状態が続くでしょう。 このサービスをひいきにするのはYouTubeだけではありません。大小を問わず、ほとんどの企業は自社製品の宣伝と販売をビデオマーケティングに頼っています。
  • インフルエンサーマーケティング: インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアでフォローしている人々に、主要なソーシャルインフルエンサーが特定のブランドのメッセージを発信する、一種の口コミキャンペーンおよびマーケティングです。 YouTubeとInstagramのインフルエンサーには独自のニッチがあり、フォロワーの意見を決定するのに彼らの言葉と推奨事項が役立ちます。
  • ソーシャルメッセージングアプリ: これらの数字を考慮してください。 Facebookメッセンジャーでは、毎月10億通のメッセージが消費者と企業の間で交換されています。 Whatsappは、ユーザー間で毎日55億のメッセージが交換されていることを確認しています。 これらの数字はデジタルマーケティング会社によって無視することはできず、将来的にはこれらのチャネルを介した会社の製品やサービスのマーケティングが大きく見られるでしょう。
  • ビジュアル検索: 視覚探索は将来大きくなり、人々は検索を実行するために好みの画像をアップロードし、より具体的な結果を得ることができるようになります。 この例として、Pinterestで採用されている機能「レンズ」があります。これにより、ユーザーは特定のアイテムの写真を撮り、そこからオンラインで購入できる場所を見つけることができます。
  • マイクロモーメント: これは、将来的にデジタルマーケティングをまったく新しい高みに引き上げる可能性を秘めた新しいコンセプトです。 マイクロモーメントは、消費者がニーズに応じて行動するために自分のデバイス(主にスマートフォン)に目を向ける、意図に富んだ瞬間です。 このニーズには、知る、行く、する、買うというXNUMXつのタイプがあります。 デジタルマーケティングは、潜在的な顧客のこれらの衝動に基づいて行動するために、ますますそれ自体を再形成するでしょう。
  • スマートスピーカーと音声検索: 将来的には、キーワードベースの検索は、Google Dot、Alexa、Siriなどのスマートスピーカーの機能の向上によって強化された音声ベースの検索に取って代わられるでしょう。 これは、AIが以前よりもはるかにスマートになり、音声アシスタントのミスがはるかに少なくなることで可能になりました。
  • コンテンツマーケティング: コンテンツは、眼球をつかむための戦いを支配するでしょう。 よく書かれた関連性のあるコンテンツは、現在よりも多くはないにしても、将来的には同じくらい多くの人を引き付けるでしょう。 デジタルマーケティングは、書かれた言葉の説得力があるため、今後もコンテンツに依存し続けるでしょう。

これらの未来 デジタルマーケティングの傾向 プレミアムのサービスが必要になることを確認してください デリーのデジタルマーケティング代理店 将来的にはiBrandoxのように。 すでに多くの有名ブランドの頼りになる代理店であるiBrandoxは、デジタルマーケティングキャンペーンに翼を与える才能、先見性、専門知識を備えています。


私たちの場所
インド | グルガオン | デリー | ノイダ | Mumbai | バンガロール | ジャイプル | アーメダバード | シンガポール

iBrandox-Online-Private-Limited
iBrandox-Online-Private-Limited
iBrandox-Online-Private-Limited

私たちのポートフォリオを気に入りましたか? お友達と私たちの情熱と愛を共有してください:)